乳がんの検診を行う|agaにかかる費用を知ろう|悩みを解決に手招き

agaにかかる費用を知ろう|悩みを解決に手招き

病棟

乳がんの検診を行う

病棟

定期的な病院での検査

乳がん検診は、30代後半から40代くらいの年代に行なわれるようになります。30代後半から40代にかけての年代は、出産が済み女性ホルモンの分泌量も低下します。そのタイミングで、乳がんが発症することが多く病院での定期的な乳がん検診が必要になります。病院では、マンモグラフィー検査が行なわれるのが一般的で胸を機械に挟める形で異常がないかを調べます。必要に応じて、異常がある場合は細胞の一部を採取する検査も行なわれます。マンモグラフィー検査は触診で行うよりも異常を見つけやすく、検査自体はすぐに終わるため楽に受けられると人気となっています。乳がん検診を欠かさず行うことで、病気の発症を未然に防ぐことが出来るようになります。

セルフチェックを行う

病院での乳がん検診は欠かせませんが、セルフチェックをすることも大切です。適齢になると、病院での検診が必要になりますが若い世代の場合あまり行われません。しかし、乳がんは年齢関係なく発症する場合もあるため若い世代は自発的にチェックを欠かさないようにすることが大事です。鏡の前で、左右の胸にひきつれがないかを確認ししこりや分泌液がないか確かめます。毎日セルフチェックをすることで、乳がんを自分で見つけることも可能になります。セルフチェックで異常が感じられた場合は、出来るだけ早い段階で病院を受診します。乳がんによっては、進行が非常に早くあっという間に重い段階に進むことがあるので十分注意する必要があります。